産経WEST

彦根市長選は「第2の桜田門外の変」!? 現職が因縁の祖先持つ新人を批判も、有権者は「政策論じろ!!」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


彦根市長選は「第2の桜田門外の変」!? 現職が因縁の祖先持つ新人を批判も、有権者は「政策論じろ!!」

 幕末の江戸で、彦根藩(今の滋賀県)の藩主で大老の井伊直弼(なおすけ)が暗殺された「桜田門外の変」が、14日告示される滋賀県彦根市長選に大きな影を落としている。暗殺に加わった薩摩藩(今の鹿児島県)の浪士の子孫が、同選挙への立候補の意向を表明したのに対し、同じく出馬を目指す現職が「直弼の敵が市長になるのはおかしい」と厳しく批判。市長選は、もう1人を含め三つどもえの激戦となる様相だが、彦根は中心部の活性化や彦根城の世界遺産登録など抱える課題も多く、政策置き去りの“場外乱闘”に市民からは「もっと大事な議論があるはず」との声もあがる。

直弼の曾孫が市長36年間…「150年前の敵だ!」

 「現代の『桜田門外の変』。立候補はとうてい容認できない」-。4月上旬、こんな言葉が盛り込まれたビラが、彦根市内の4万世帯に配布された。

 ビラを製作したのは、今回の市長選に出馬の意向を示す現職市長、獅山向洋氏(72)の確認団体。桜田門外の変で井伊直弼を暗殺した薩摩浪士の子孫が、市長選への立候補を表明したことを、痛烈に批判した。

 批判を受けたのは、新人の有村国知氏(38)。有村治子・参院議員(自民)の弟で治子議員の元秘書。父は元県議、兄も現職の県議で、桜田門外の変に加わった薩摩浪士、有村次左衛門の子孫に当たる。

(次ページ)かくいう現職、直弼の曾孫を破って当選した過去…

「産経WEST」のランキング