産経WEST

【舞台はここに】旧家の誇り、かなわぬ恋 歌人 石上露子 大阪・富田林の旧杉山家住宅

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【舞台はここに】
旧家の誇り、かなわぬ恋 歌人 石上露子 大阪・富田林の旧杉山家住宅

 朝方の大雨が、道に沿って連なる民家の白壁を洗っていった。

 江戸や明治の古い町並みが残る大阪府富田林市の寺内町(じないまち)。4層の屋根がひときわ立派な旧杉山家住宅は、当時の面影をそのまま映す美しい日本家屋である。

 清楚な美貌とあふれる才気で流麗な歌を詠み、「白菊の君」と謳われた明星派の女流歌人、石上露子(いそのかみ・つゆこ)(本名、杉山タカ)は明治15(1882)年この家に生まれ、昭和34(1959)年この家で亡くなった。

 富田林きっての旧家の跡取りに生まれ、家を継ぐため愛する人との結婚をあきらめた露子は、かなわぬ恋の思いを歌に詠み続けた。その生きざまは同時代に生きた与謝野晶子の奔放さと対比される。

「産経WEST」のランキング