産経WEST

【週刊ならスポ】全国高校ラグビー準優勝 竹井勇二・御所実主将 強豪・帝京大に進学へ 「夢は世界」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【週刊ならスポ】
全国高校ラグビー準優勝 竹井勇二・御所実主将 強豪・帝京大に進学へ 「夢は世界」

 全国高校ラグビー大会に5年連続8回目の出場を果たし、準優勝した県立御所実業高校(御所市)。主将としてチームを率いた3年の竹井勇二さん(18)は、「改めて花園で戦える喜びを実感できた」と振り返る。今後は、大学ラグビー日本一を決める全国大学選手権で史上初の4連覇を果たした帝京大に進学する予定で、「世界を相手に戦うことも夢」と希望を膨らませている。

 竹井さんは大和郡山市出身。ラグビーをしていた3歳上の兄の影響で、中学1年でラグビー部に入部した。中学2年の時、花園で活躍する兄の姿をみて、「タックルで相手を次々に倒していく姿が格好よかった。兄のように強くなりたい」と厳しい練習に取り組んだ。中学時代に繰り返した基礎練習は、今の力になっているという。

 その姿を、一緒にプレーする仲間たちは「オンオフがはっきりしている」と話す。普段はお調子者で、部員たちを笑わせることも多いが、練習が始まると誰よりも真面目に切り替わる。「だから竹井を信じてついてこれた」と全幅の信頼を寄せているという。

 全国高校ラグビー大会の決勝では、FW陣が力を発揮。強豪・常翔学園(大阪第1)を相手に得意のモールで一時は逆転したが、接戦の末、惜しくも敗れた。

 1年生からレギュラーで出場してきた竹井さんだったが、「今回は責任の重さが違った」と振り返る。

「産経WEST」のランキング