産経WEST

【大阪から世界を読む】「割礼」揺れるドイツ 宗教と法律

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪から世界を読む】
「割礼」揺れるドイツ 宗教と法律

 ユダヤ教やイスラム教の宗教的儀礼とされ、男児の性器の包皮の一部を切り取る割礼をめぐり、ドイツが揺れている。昨年12月、連邦議会が宗教上の理由で行う割礼を認める法案を可決した。法案化のきっかけはイスラム教徒の男児に対する手術ミスだった。司法が傷害罪との判断を下したのに対し、信教の自由を侵すと両教徒が猛反発。両教徒を含め移民が増えるドイツの事情もあって、国内世論は真っ二つに分かれた。線引きの難しい2つの「権利」をめぐっては、日本でも同様の問題が起きている。

(勝田康三)

「反目」する教徒による共闘

 “事件”は2010年11月、ドイツ西部のケルンで起きた。イスラム教徒の両親を持つ当時4歳の男児が割礼を受けた際に手術ミスで大量出血し、病院に搬送された。

 男児は助かったものの、地元検察は割礼を行ったイスラム教徒の医師を傷害罪で起訴した。裁判所は12年5月、医師を無罪としたが、「子供の体の健全性は親の権利よりも優先される」と指摘。宗教上の割礼でも傷害罪と見なされるとの判断を下した。

 新イスラム事典(平凡社)によると、ユダヤ教では生後8日目、イスラム教は生後1週間から12歳ぐらいまでの男児が割礼を受けるとされる。この宗教的儀礼を禁止した判決に、イスラム教徒はもとより、ユダヤ教徒も猛反発した。

 同年9月にはベルリンで、両教徒がそろって信教の自由を守るよう合同デモを行った。ユダヤ人とイスラム教を信仰するアラブ人といえば、激しく反目し合う間柄。両教徒による合同デモは異例だが、宗教的価値観が脅かされるとの共通の「危機感」が、双方に日頃の宗教的対立の壁さえ乗り越えさせた。

宗教的な手術、割礼“専門”聖職者ならOK…日本なら傷害罪、輸血拒否は?

「産経WEST」のランキング