産経WEST

【衝撃事件の核心】親族女児の難病「金儲け」に利用する〝人でなし〟 あの街頭募金は詐欺だった

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
親族女児の難病「金儲け」に利用する〝人でなし〟 あの街頭募金は詐欺だった

大阪・ミナミの街頭で骨形成不全症の少女への募金を呼びかける男ら。詐欺だった=大阪市中央区(画像は一部処理しています)

 オレンジ色のおそろいのジャンパーを着た怪しげなグループは、やはり詐欺団だった。平成23年秋ごろから、大阪府内で、実在する難病の女児(5)への支援を呼びかける募金活動を行っていた男5人が大阪府警に逮捕された。長髪、無精ひげ、感じられない真剣さ…。とても慈善活動をしているようにはみえないメンバーに、「本当か?」と詰め寄る通行人も少なくなかった。それでもミナミや天王寺など頻繁に出没し、1年余りで集めた「善意」は数百万円に。逮捕者の中に女児の親族もいたというあきれ返るしかない卑劣な犯罪に、真面目に募金に取り組む団体からは悪影響を懸念する声も上がる。

長髪、ヒゲ面で募金呼びかけ

 「全身14カ所を骨折して生まれてきました」

 「5歳になった今でも難病と闘っています」

 24年11月上旬、買い物客らでにぎわう大阪・ミナミの百貨店前に、おそろいのオレンジ色のジャンパーを着て募金箱を持った3人組の男が現れた。首に女児の顔写真が貼り付けられたプラカードをぶら下げ、数十メートル間隔に分かれて募金活動を開始した。

 一人は長髪、もう一人は無精ひげ。3人とも声をあげて女児への支援を呼びかけるものの、セリフを淡々と繰り返す感じで必死さはまったく伝わってこない。ほかの募金活動とは明らかに違う雰囲気が漂っている。

 大半の通行人が素通り、中にはいぶかしげに眺める人も。それでも、募金をする人がおり、高齢女性が硬貨を入れると、男の一人は「ありがとうございます」と深々と一礼。別の男もスーツ姿の男性に笑顔で何度も頭を下げた。

 さらに注意深く観察してみると、男らは絶対に募金者に対し、募金の使途や趣旨、組織名を一切明かさない。キャップ帽を目深にかぶっているのは、表情を悟られないためだろうか。

 「何やってるんや」。活動開始から数時間後、募金活動を不審に思ったのか、自転車に乗った男性が突然男に詰め寄った。説明を求められた男は、身ぶり手ぶりを交えて“言い訳”を開始。やがて他の2人も弁解に加勢したが、最終的には現場から立ち去った。

逮捕者の1人は親族だった…大半は誠実な団体、募金者も浮かばぬ

「産経WEST」のランキング