産経WEST

仕事どうする? 女の流儀

仕事どうする? 女の流儀

トップニュース

更新

人が羨む仕事じゃなくていい 女性を引き込んだ「高度経済成長の日本的働き方」男女とも改善を

 就職氷河期のどん底だった平成12年。後に芥川賞作家となった津村記久子(39)は、100社もの企業に就職活動をした末、希望していた印刷業界の会社に入社した。ところが、ようやくつかんだ職場では、上司に怒鳴られ続け、働くことの意味を見失いかけた。パワーハラスメントという言葉が、まだ「いじめ」という表現で代用されていた時代だった。【続きを読む】

この特集の写真

  • 【仕事どうする? 女の流儀(5)】人が羨む仕事じゃなくていい 女性を引き込んだ「高度経済成長の日本的働き方」男女とも改善を
  • 【仕事どうする? 女の流儀(4)】「いつまでがむしゃらに仕事するんや」 “スーパーウーマン”に試練、長時間労働に意識改革
  • 【仕事どうする? 女の流儀(3)】療育、パワハラ…転職重ね価値観に変化 月給50万円より働きやすさ選択
  • 【仕事どうする? 女の流儀(2)】「おかえり」と言われぬ職場復帰 マタニティー・ハラスメントの悔しさを乗り越えて
  • 【仕事どうする? 女の流儀(1)】出産、育児…「働き続ける意味は?」 男女雇用機会均等法の旗手、戦った30年

「産経WEST」のランキング