福岡中心部の「西日本大濠花火大会」終了 主催者「安全確保困難に」 - 産経ニュース

福岡中心部の「西日本大濠花火大会」終了 主催者「安全確保困難に」

 福岡市中心部の大濠公園で毎年夏に行われる「西日本大濠花火大会」を主催する西日本新聞社は14日、来年以降は花火大会を実施せず終了すると発表した。見物客の増加などで「会場の安全確保が難しくなったため」と説明している。
 花火大会は昭和24年に始まり、これまでに56回開催された。40万人を超える見物客が訪れ、雑踏事故につながりかねない状況も発生していた。
 西日本新聞社は14日付朝刊にこうした内容を伝える社告を掲載。広報部は「数年来、観客や周辺の安全確保の議論を重ねてきたが、実施は困難と判断した」とコメントした。