シャープが世界初「8Kチューナー」を11月下旬に発売 20万円前後、放送は12月1日開始  - 産経ニュース

シャープが世界初「8Kチューナー」を11月下旬に発売 20万円前後、放送は12月1日開始 

 シャープは12日、世界初となる高精細画質「8K」衛星放送の受信機(チューナー)を11月下旬に発売すると発表した。8Kの高解像度を表示できる8K対応テレビと接続することで、12月1日から始まる8K衛星放送視聴できる。4Kチューナーも搭載し、同時に始まる4K衛星放送にも対応する。
シャープが11月下旬に発売する8K受信機(チューナー)=(シャープ提供)
 シャープは昨年12月に国内で8K対応テレビを発売するなど、8K技術を成長戦略の柱に据え、他社に先行して商品を展開している。8Kチューナーの販売価格は20万円前後となる見通し。
 8Kは、現行の地上波フルハイビジョン放送と比べ16倍の解像度で、鮮明な画像を映し出す。12月からの8K衛星放送はNHKだけが展開する。