アルバイト収入少なく偽り生活保護費211万円を不正受給 容疑で島根の70歳男逮捕

 

 島根県警益田署は12日、収入を少なく偽って生活保護費約211万円を不正に受給したとして、偽造有印私文書行使と詐欺の疑いで同県益田市、アルバイトの男(70)を逮捕した。

 逮捕容疑は平成27年3月から29年4月、アルバイトで得た収入を少なく書いた給料支払明細書を益田市に提出し、家賃や駐車場代など計約211万円を自身の預金口座などに振り込ませた疑い。

 同署によると、男は1人暮らし。他の期間にも不正受給していなかったかなどを調べている。