目指せバスケBリーグ入り 三重・名張出身の江戸川乱歩にちなみ「ランポーレ名張」発足 - 産経ニュース

目指せバスケBリーグ入り 三重・名張出身の江戸川乱歩にちなみ「ランポーレ名張」発足

三重県初のBリーグチームを目指すランポーレ名張のメンバーら=名張市
 プロバスケットボールのBリーグ入りを目指して、三重県名張市を拠点とするチーム「ランポーレ名張」が発足した。チーム名は同市出身の推理作家、江戸川乱歩にちなんだ。乱歩の作品のように変幻自在に相手を翻弄するプレーがコンセプトという。まずは、来年5月開幕予定の下部カテゴリーである地域リーグ参入を目指す。
 スポーツによる地域振興に取り組む民間団体「Green project」が主体となり、産学官一体で地域活性化を図る狙い。本拠地としてHOS名張アリーナ(名張市総合体育館)などを検討。選手は県内出身者を中心に十数人を予定している。
 同団体の亀井俊彦代表は、同市産業振興センター「アスピア」で記者会見し「県初のBリーグチームとなって地域を盛り上げ、多くの人に支えられ愛されるチームにしたい」と意気込みを語った。
 現在、県内や大阪の企業など約10社とスポンサー契約の交渉も進めている。チームは年内をメドに選手選考を終え、地域リーグ(東海・北信越)や2021年の三重とこわか国体を当面の目標とし、Bリーグ昇格を目指す。