点滴死亡事故で和解 岐阜の県立病院が謝罪

 

 岐阜県立多治見病院(同県多治見市)で昨年4月、点滴のチューブが外れ、入院していた70代の女性が失血死した事故で、遺族が病院に約3800万円の損害賠償を求めた訴訟は12日までに、名古屋地裁で和解が成立した。病院が謝罪し、1700万円を支払う。和解は11日付。

 遺族側代理人は「遺族は賠償金よりも謝罪と再発防止を求めていた」と説明。多治見病院は「改めてご遺族に深くおわびし、再発防止に取り組む」とコメントした。

 事故は昨年4月11日夜に発生。女性は病室で点滴を受けていたが、チューブが接続部分で外れ、出血した状態で死亡しているのが見つかった。異常を知らせるアラームが鳴ったのに看護師は対応しておらず、病院側は過失を認めていたが、今年2月以降の示談交渉で「支払える賠償金は100万円まで」と主張。折り合いがつかないため、同県に住む女性の息子が今年4月に提訴した。

 事故を巡っては、多治見署が業務上過失致死の疑いもあるとみて捜査しているが、遺族側代理人は「処罰は求めない」としている。