不審車追跡のパトカーに別の車が体当たり、警官7発発砲し命中…男逮捕、1人は逃走 大阪・生野

 
乗用車に体当たりされたパトカー=12日午後、大阪・生野署

 12日午前3時すぎ、大阪市生野区内で、大阪府警生野署のパトカーが、停止命令に従わなかった不審な乗用車2台を追跡。袋小路まで追い詰めたところ、このうち1台がバックでパトカーにぶつけてきたため、署員2人が、それぞれ乗用車を運転していた男に拳銃計7発を発砲した。このうち1人の肩と左足に命中し、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。もう1人の男にも命中したとみられるが、車を放置し走って逃走したといい、行方を追っている。

 逮捕された男は弾が当たって肩などにけがをし、病院に搬送された。命に別条はない。40代とみられるが、身分を示す所持品はなく、氏名も名乗っていない。追跡された車の男は車を置いて徒歩で逃走した。

▼大阪・生野不審車発砲 未明の住宅街にドーンという音、警官の怒号、発砲音…住民「震えが止まらない」

 同署によると、生野区巽西の路上でライトを消して停車していた乗用車1台をパトカーが発見、近づいたところ急発進したため追跡を開始。約100メートル離れた袋小路の手前で、もう1台の乗用車が割り込んできたという。その後、袋小路に入って制止を求めたが、バックで数回ぶつかってきたため、「止まれ。撃つぞ」と警告のうえ発砲した。

大阪・生野署員が不審車に発砲した現場付近を警戒する警察官=12日午前、大阪市生野区
逃走した不審車両2台に警官が威嚇射撃。現場を調べる捜査員=12日、大阪市生野区(前川純一郎撮影)

 逃走したのは若い男で、身長約170センチ。富田林署から逃走した樋田淳也容疑者(30)ではないという。

 追跡が適正だったかについて、生野署の近藤亮治副署長は「詳細は現在調査中」とのコメントを出した。

▼奈良商店街暴走の一部始終 観光客で賑わう中爆走する車、警察は安全考慮し追跡中止、依然逃走中

 現場は大阪メトロ千日前線南巽駅から北西約1㌔の住宅街。周囲には小学校や老人福祉施設が点在している。

 近くの市立田島小では児童の安全確保のため、通学路に普段よりも多くの教職員を配置した。

乗用車に体当たりされたパトカー=12日午後、大阪・生野署