「くノ一」ダンスでビッグクラス優勝の同志社香里が来社

日本高校ダンス部選手権

 日本高校ダンス部選手権全国大会(産経新聞社ほか主催)のビッグクラスで2連覇した同志社香里高校(大阪府寝屋川市)のメンバーらが11日、大阪市浪速区の産経新聞大阪本社を訪れた。

】「日本高等学校ダンス部選手権」ビッグクラスで2連覇を果たし、産経新聞社を訪問した同志社香里のメンバー。担当者から花束を受け取るキャプテンの川口紗依さん(中央)=11日、大阪市浪速区の産経新聞大阪本社(渡辺恭晃撮影)

 8月17日に横浜市で開催された大会で同校は「苦闘」をテーマに女忍者「くノ一」をイメージした衣装で息の合ったダンスを披露し、2年連続5度目の優勝を果たした。同校は6月の大阪北部地震の影響で休校になり、しばらく練習できない状況に追い込まれたが、全員の力をあわせて、それを乗り越えた。

https://www.youtube.com/watch?v=geWrlJKvZT4

 3年生の部長、川口紗依さん(17)は「この大会を目標にやってきて優勝することができた。2連覇というプレッシャーしかなかったけれど、いい作品を作ろうと考えて、みんなをまとめられるようになった。後輩は3連覇を意識せずにやってほしい」と話していた。