「JK課」&菓子店コラボのスイーツで福井国体盛り上げよう 福井・鯖江、斬新10品を30日から販売 - 産経ニュース

「JK課」&菓子店コラボのスイーツで福井国体盛り上げよう 福井・鯖江、斬新10品を30日から販売

 女子高生が福井県鯖江市のまちづくりに携わる「同市JK課」と市内の和洋菓子店がコラボしたスイーツ10品が完成し、30日の福井国体の体操競技会場(越前市のサンドーム福井)を皮切りに販売される。
オリジナルスイーツをお披露目する鯖江市JK課のメンバー=同市役所
 JK課オリジナルスイーツは第4弾。国体開会に合わせ、JK課のスイーツ担当の37人でアイデアを出し合い、市内の和洋菓子店舗のシェフ11人でつくる「ボーノ夢菓房」の試作を経て10品を決定した。同市西山動物園で人気のレッサーパンダをモチーフにしたチーズケーキ「レッサーチーズ」、デザインに眼鏡をあしらった「めがねのシュー」のほか、旬のフルーツを使ったタルトや和風クレープなどがある。販売価格は200~450円を予定。
 同市役所でお披露目会があり、スイーツの名前や販売スケジュールが発表された。JK課3期生、るりはさん(17)は「鯖江で売られているお菓子は国体で来県する人にとって珍しい。きっと売れる」と期待を膨らませた。
 販売予定日とイベントなどは次の通り。時間は午前9時~午後5時。
 30日、10月7~8日=国体・サンドーム福井▽10月26~28日=ものづくり博覧会・鯖江市嚮陽会館(26日はJK課不参加)▽11月24~25日=もみじまつりJK課フェ・同