生徒作ったジャム、ジュースの売上金200万円横領 男性教諭免職 「心の弱さから欲求に負けた…」

 

 高知県教育委員会は11日、農業実習で高校生が生産したジャムなどの売上金から計約200万円を横領したとして、県立春野高の松山広美教諭(49)を懲戒免職処分とした。県教委は刑事告訴する方針。

 県教委によると、平成26年6月~今年3月、複数回にわたり、文化祭で販売したいちごジャムやみかんジュースの売上金などを過少に報告し、1回数千~3万円程度の横領を繰り返した。パチンコ代や、顧問を務めるアーチェリー同好会の用具代に充てたという。

 今年8月、実習助手の職員の記録と教諭が報告した代金に差があり発覚。「やってはいけないと分かっていたが、心の弱さから欲求に負けてしまった」と話し、弁済の意思を示しているという。

 また県教委は、16年5月~今年3月、顧問を務めるソフトボール部の男子部員計11人に、体当たりしたり腹部をたたいたりする体罰を繰り返したとして、県立高の50代男性教諭を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした。