吉野山バス、37日間休止 無免許運転で行政処分 - 産経ニュース

吉野山バス、37日間休止 無免許運転で行政処分

 桜の名所として知られる奈良県吉野町の吉野山で路線バスを運行する「吉野大峰ケーブル自動車」は11日、バスの運行を18日から10月24日まで全面休止すると明らかにした。無免許の男性にバスを運転させたなどとして、近畿運輸局が事業停止などの行政処分を行ったため。処分は9月11日付。
 近畿運輸局によると、監査の結果、運行を統括する責任者の未選任や、運転手の健康確認の未実施といった法令違反を確認。道路運送法に基づき、37日間の事業停止と、バス1台の130日間の使用停止とした。
 今年5月、男性にバスの運転を指示したとして、道交法違反(無免許運転下命)の疑いで代表取締役ら2人が奈良県警に逮捕され、罰金の略式命令を受けていた。