3人乗りミニバイク事故、死亡の高校生を書類送検

 

 名古屋市で3人乗りミニバイクが電柱に衝突し1人が死亡した事故で、愛知県警南署は11日、無免許で飲酒運転し同乗者に重傷を負わせたとして、自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)などの疑いで、死亡した同市南区の男子高校生=当時(15)=を書類送検した。

 無免許であることなどを知りながら同乗したとして、道交法違反の疑いで、いずれも同区の無職少年(15)と男性会社員(16)も書類送検した。3人は知人同士だった。

 高校生の送検容疑は7月8日午前0時ごろ、名古屋市南区の市道で、飲酒した上に定員を超えたミニバイクを無免許運転して事故を起こし、少年に肺挫傷などの重傷を負わせた疑い。少年ら2人は無免許や飲酒などを知りながら同乗した疑い。