鹿児島行きピーチ機、関空に引き返し 高知空港付近で不具合と計器に表示 - 産経ニュース

鹿児島行きピーチ機、関空に引き返し 高知空港付近で不具合と計器に表示

 11日午前7時半ごろ、関西発鹿児島行きの格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション191便エアバスA320が飛行中、機体の上下の姿勢を変える昇降舵の操縦系統に不具合があると計器に表示されたため、関西空港に引き返し、約1時間後に着陸した。乗客乗員78人にけがはなく、別の機体に乗り換えて鹿児島に向かった。
▼屋久島行きJAC機、鹿児島空港に引き返し
 ピーチは関空に拠点を置く。台風21号の影響で運航がストップした後、7日に関空で国内線の発着を再開していた。
 国土交通省によると、不具合を示したのは離陸から約15分後で、高知空港の北北東約50キロ付近を飛んでいた。