「わいせつ動画配信認識も措置講じず」FC2運営者ら2審も有罪 大阪高裁

 

 インターネット動画投稿サイト「FC2」を実質的に運営し、わいせつ動画を配信したとして、わいせつ電磁的記録媒体陳列と公然わいせつの罪に問われた運営会社の当時の社長、足立真被告(43)と、元社長、高橋人文被告(42)の控訴審判決で大阪高裁(西田真基裁判長)は11日、いずれも有罪とした1審判決を支持し、両被告の控訴を棄却した。

 1審の京都地裁判決はいずれも懲役2年6月、執行猶予4年、罰金250万円。

 公判で両被告は「どのような配信がされたか知らない」などと関与を否定。捜査機関の捜索差し押さえで海外のサーバーから画像データを移すことは違法な証拠収集に当たるなどと無罪を主張した。

 西田裁判長は、部分的な権利侵害があったことは認めたが「証拠能力が失われるほどの違法性があったとは言えない」と被告側の主張を退けた。その上で「わいせつ動画が相当数投稿、配信されていることを認識しながら措置を講じなかった」とした昨年3月の1審判決を追認、有罪とした。

 1審判決によると、平成25年、登録会員の男性らが投稿した無修正のわいせつ動画を、利用者に閲覧させるなどした。