楽天ライフルステイ、西淀川区にコンドミニアム型特区民泊を開設 大阪市 - 産経ニュース

楽天ライフルステイ、西淀川区にコンドミニアム型特区民泊を開設 大阪市

楽天ライフルステイが運営するコンドミニアム型特区民泊施設=10日、大阪市西淀川区(田村慶子撮影)
夏をイメージした客室=10日、大阪市西淀川区
 楽天の民泊事業子会社、楽天LIFULLSTAY(ライフルステイ)は10日、大阪市西淀川区に民泊施設を14日に開業すると発表した。1~2週間の宿泊を想定し、客室に台所や洗濯機を備えた「コンドミニアム型」となる。
 阪神なんば線出来島駅近くに立地し、神戸や大阪・道頓堀、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(同市此花区)などへの交通アクセスの良さをアピールし、訪日外国人や家族連れの観光客らを呼び込む狙いだ。地上4階建て全29室で、四季をイメージした約42~56平方メートルの7タイプがあり、1泊1室約7840円から。
 建物は積水ハウスが設計・施工した。国内住宅市場は少子化を背景に縮小傾向にあるなか、住宅には不人気でも宿泊施設に適した立地は大阪市内に多いといい、積水ハウスは「やり方次第で需要を掘り起こせる」(広報)とみている。