王国誕生(1)宝塚歌劇場、甲子園球場…まちづくりは私鉄が原動力 今に続く経営モデル

関西の力

 大阪府池田市の住宅街。阪急電鉄の創業者、小林一三の旧邸で今年1月25日、茶会が開かれた。この日は小林の命日で、周辺住民ら約300人が没後60年となった故人をしのんだ。小林は茶人としても知られ、膨大な美術品を集めた文化人でもあった。集めた品々は逸翁(いつおう)コレクションと呼ばれ、旧邸はいま記念館として一般公開されている。

小林一三の主な業績

日本人の典型的なライフスタイル確立した「小林一三」

 記念館の管理を行っている阪急文化財団の仙海義之さんは「権威にこだわらないきさくな人だったと聞いています」と話す。

 記念館のある池田市は、阪急宝塚線の開通とともに宅地開発が進んだ街。小林が行った鉄道の経営スタイルは、広がった。田園都市に暮らして、大都市に通勤。休日は電車に乗ってレジャーを楽しむ-。いまに続く日本人の典型的なライフスタイルがこうして確立された。

▼【関西の力】タニマチ気質(3)日本電産トップの英断 名門スケート部存続、「1番以外はビリ」自腹で報奨金

 仙海さんは、「小林の発想は、単なる鉄道敷設や住宅開発にとどまらない、まったく新しい生活の提案だった」と指摘する。

 こうしたやり方は、阪神電車による甲子園球場(兵庫県西宮市)や京阪電車のひらかたパーク(大阪府枚方市)など、関西の私鉄各社も導入。鉄道会社が大規模集客施設を手がけるという点でみると、東武鉄道による東京スカイツリー(東京都墨田区)、近鉄の日本一高いビル、あべのハルカス(大阪市阿倍野区)など、現在にも引き継がれる手法ともいえる。

もとは文学青年で小説家志望がまちづくりのアイデアマンに

 阪急モデルを確立した小林はもともと文学青年で小説家志望。実業家としての頭角を現すのは、勤めていた三井銀行をやめ、阪急の前身にあたる箕面有馬電気軌道の専務となったころからだ。明治40年、小林34歳のときのことである。

阪急梅田駅のホーム。小林一三の作り上げた経営スタイルは日本の鉄道のモデルとなった

 箕面有馬電気軌道は、大阪市中心部と観光地だった箕面と有馬を結ぶ路線だったが、小林はまず沿線に新たに住宅地を開くことを思いついた。

 「田園趣味に富める楽しき郊外生活」。開業前に発行されたパンフレットのキャッチコピーも小林が手がけた。当時は借家住まいが一般的で、庶民にとってマイホームは夢のまた夢だった。そうしたなか、「頭金として売値の2割、残りを10年間月賦で払い込むと住宅の所有権を移転させる」という住宅ローンのはしりともいえる販売方法を開発。売り出した日本初の郊外型分譲住宅約200戸は瞬く間に完売した。

 アイデアマンだった小林は、明治43年には箕面動物園、44年には宝塚新温泉をつくり、乗客獲得に乗り出す。その翌年にも国内初の温水プールなどが入った複合レジャー施設をつくるなど、沿線には話題の施設が次々と誕生した。

「官からの自立」を空間で表現

 宝塚新温泉では大正2年、女性客向けに、少女らでつくる「宝塚唱歌隊」を結成。翌3年、温水プールを改装した劇場で、宝塚歌劇団の前身、宝塚少女歌劇の公演が始まった。

 鉄道の歴史に詳しい放送大学の原武史教授は、「小林は単なる経営者ではなく思想家。『官からの自立』を空間で表現しようとしていた」としたうえで「戦前の関西私鉄は他の地域よりずっと先進的だった。どの鉄道会社も導入したことのない技術やサービスを次々と導入した」と語る。

 原教授によると、関東の場合、私鉄は官設鉄道の支線としての性格が強かったといい、私鉄のターミナルはJRに寄り添うような、従属的な構造になっているが、関西は国鉄に対抗し、競い合うようにして成長してきた。各社のターミナルがその象徴のひとつ。私鉄各社はそれぞれ対抗するように巨大なターミナルビルを構えている。

 阪急は梅田駅に、日本初のターミナルデパートを開業。地下にある阪神梅田駅も完成当時、「地底の宮殿」と例えられたという。近鉄は上本町、京阪は京橋、南海は難波駅に拠点を構え、それぞれ存在感を示す。関西の私鉄はそれぞれ、拠点ターミナルを起点として、沿線のまちづくりを進めていったのだ。

日本の都市形成のモデル

 「私鉄王国」とも呼ばれてきた関西では、各社が熾烈(しれつ)な競争を繰り広げ、それぞれに存在感を発揮してきた。単なる鉄道事業にとどまらず、日本の都市形成のモデルにもなったのも特徴だ。首都・東京に比べると、国による都市整備は十分ではなかったが、各社は「官からの自立」を目指し、鉄道を軸としたまちづくりを進めていった。

(平成29年3月13日夕刊1面掲載 年齢や肩書き、呼称は当時)

 伝統、文化、医学、農業、エンターテインメント、スポーツ…。関西には世界に誇れる魅力あるコンテンツがあふれている。現状の停滞を打破し、突破できる「力」とは何か。この連載では、さまざまなジャンル、切り口で「関西の力」を探る。