やわらかくても見た目が大事 広がる高齢者向け食品市場

ビジネスの裏側
高齢者でも食べやすい加工食品が並ぶ売り場=大阪市中央区の明治屋大阪なんばストアー

 高齢化が進む中、歯が抜けたり、かむ力が弱まったりした高齢者でも食べやすくしながら見た目にもこだわった加工食品が普及しつつある。長時間の加熱で素材をやわらかくするだけでなく、すりつぶした野菜を本物そっくりに成形したり、魚を焼く前に塩水につけたりして素材の風味を引き立てるなど、見た目だけでなく、味に工夫が施されている。(栗井裕美子)

 形と風味を残す

  高島屋大阪店(大阪市中央区)に入る食料品店「明治屋大阪なんばストアー」は今春、やわらかい食感の加工食品の売り場を拡充。百貨店内での鮮魚店運営、食品ギフト販売を手掛ける海商(同市中央区)が展開する加工食品「海商のやわらかシリーズ」などの商品を取り扱っている。

 海商はもともと加工食品を手掛けていなかったが、アワビの造りを好んで買っていた常連客がかむ力や飲み込む力が弱まって買わなくなるなど、加齢に伴う客の好みの変化を経営に影響がある要因と判断し、食べやすい加工食の開発に着手。平成28年春にやわらかく加工したアワビの煮付けなどを発売したところ好評だったため、今春には「さば煮つけ」(税込み398円)や「鶏の照焼き」(同346円)などの日常食を追加し、やわらかシリーズとして計32種類を販売する。

 製造方法の多くは企業秘密だが、熱、圧力、酵素という昔からある調理法を組み合わせた。焼く前に魚の身を塩水に漬け、素材本来の風味を保ちながら、やわらかい食感を実現。通常の介護食は刻んだり、ミキサーにかけて成形するなどして食べやすくするケースが多いが、海商ライフケア事業部の高僧真理さんは「食材の形を残すことにこだわっている」と説明する。

 高齢で食べづらくなったとしても、すぐに介護食というのは抵抗がある人も多い。その間を埋め、“目で食べる”楽しみを残した点がシニア層を中心に受け、足元の売り上げは前年比4割増で推移している状況という。

 毎日でも飽きずに

  介護食でも見た目にもこだわった商品が登場し、種類も豊富になってきた。

 国内では他社に先駆けて市販用の介護食を展開してきたキユーピーは「やさしい献立」シリーズとして、「鶏だんごの野菜煮込み」(税抜き参考小売価格180円)などの総菜類からデザート類まで約57種類をラインアップ。品ぞろえを充実させることで、「毎日飽きずに食べてもらう」(広報担当者)のが狙いだ。

 8年から高齢者用の食事を手がける、ふくなお(大阪市阿倍野区)は現在約60種類の介護食を販売し、全国の病院や老人ホームなどで採用されている。すりつぶしたニンジンやブロッコリーを、本物そっくりに成形しているのが特徴。在宅介護の普及などを受け、楽天市場内に通販サイト「やさしさキッチン」を開設して約20種類を販売している。

 このほか、やわらかい白米や総菜類など温めるだけで食べられる商品なども扱っており、年末にはお節料理も販売している。ふくなおの担当者は「料理を見て『おいしそう』と思うと食欲がわくので、見た目にはこだわっている」と話す。

     ◇

 市場調査会社の矢野経済研究所によると、歯が弱くても食べやすくした高齢者用の加工食品の市場規模は29年度は前年度比7・3%増の668億円。高齢化の進展などにより、34年度には831億1800万円まで伸びると予想している。