大阪桐蔭・柿木、悔しい3回降板…いつもできていることができなかった」

高校野球
台湾戦の二回、先制打を許した柿木=サンマリン宮崎

 日本の柿木は3回1失点だった。2次リーグの初戦、満を持しての今大会初先発だったが「自分が思うような投球ができなかった」と早すぎる降板を悔やんだ。

 二回に3安打を浴びるなど、本来の球威が影を潜めた。負けが許されない大会後半でのフル回転を期待されていた、夏の甲子園大会優勝投手は「試合への持っていき方や修正など、いつもできていることができなかった」と唇をかんだ。