【フィギュア】宮原「チャレンジの年に」…16歳紀平は4回転に意欲 - 産経ニュース

【フィギュア】宮原「チャレンジの年に」…16歳紀平は4回転に意欲

公開練習で調整する宮原知子=大阪府高槻市
公開練習で調整する紀平梨花=大阪府高槻市
 フィギュアスケート女子で平昌冬季五輪4位の宮原知子(関大)と今季シニアデビューの紀平梨花(関大KFSC)らが7日、大阪府高槻市で報道陣に練習を公開し、宮原はUSインターナショナルクラシック(12~16日・ソルトレークシティー)が初戦となる今季に向け「一つ一つの試合を大事にしながら、どんどんチャレンジする一年にしたい」と意気込んだ。
 ともに練習拠点とする関大のアイスアリーナで約1時間、曲に合わせてジャンプやスピンを入念に確認した。16歳の紀平は得意の大技トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も難なく決め「自分のものになってきた感じ」と充実の表情。「練習では跳べるようになってきた」という4回転ジャンプを「(2022年の)北京五輪までには入れたい」と力強かった。
 宮原は今季はショートプログラム(SP)、フリーともに新たなプログラム。「特にフリーは難しい挑戦だが、新しい自分を出していきたい」と強い意欲を口にした。