【プロ野球】広3-13神 阪神が今季最多20安打 - 産経ニュース

【プロ野球】広3-13神 阪神が今季最多20安打

【プロ野球広島対阪神】6回 本塁打を放つ阪神・陽川尚将=マツダスタジアム(撮影・門井聡)
【プロ野球広島対阪神】5回 阪神打線に打ち込まれた広島先発の岡田明丈=マツダスタジアム(加藤孝規撮影)
 阪神が今季最多20安打を放ち、2戦連続2桁の13得点と大勝。1-0の五回に7安打を集めて5点を奪い、六回は福留と陽川の本塁打で3点。八回には代打原口が3ランを放った。先発の才木が6回1失点で5勝目をあげた。
 広島は岡田は5回6失点の乱調だった。制球が不安定で、ストライクを取りにいった甘い球を痛打される場面が目立った。0-1の五回には6連続長短打を浴びるなどして一挙5点を奪われ、その裏の打席で代打を送られた。
 前回登板で約2カ月ぶりとなる白星をマーク。チームが順調に優勝へのマジックナンバーを減らしていく中で「自分もちゃんと流れをつくれるようにしたい」と意気込んでいたが、期待を大きく裏切った。