【プロ野球】俊足好打の169センチ新人 オリの1番定着狙う福田 - 産経ニュース

【プロ野球】俊足好打の169センチ新人 オリの1番定着狙う福田

 バットを短く持つオリックス・福田=京セラドーム
 身長169センチのドラフト3位ルーキーが、オリックスで課題だったリードオフマンの座をつかもうとしている。福田周平内野手(26)は小さな体でバットを極端に短く持つ打撃と俊足で頭角を現し「打率も上げたいが、出塁率を上げたい」と、残りのシーズンも奮戦する覚悟だ。
 広島・広陵高と明大で鍛え、飛躍の契機をつかんだのがNTT東日本時代の3年目だった。「今の自分の体の出力では遠心力で回すバッティングでは駄目。コンパクトに振るのが自分の形」と気付き、現在の打撃フォームの基礎を築いた。
 4月8日に昇格すると代走や代打から先発出場の機会を増やした。選球眼と打席での粘りが光り、盗塁は2桁到達。「1番・二塁」で起用する福良監督は「何かやってくれそうな感じがする」とほれ込み、風岡内野守備走塁コーチも「いつかは盗塁王のタイトルに絡んでほしい」と願う。
 「僕はずっと身長が低かった。ここまでこの体でやってきたので」と周囲との体格差をものともしない福田には、先にプロで活躍する高校の同級生の有原(日本ハム)や大学同期の糸原(阪神)の存在も刺激となる。「しっかり鍛えて何年後かにはホームランも打てる打者になりたい」と声に力を込めた。