生駒ケーブル開業100年秘話、廃線の危機救った山上遊園地の「飛行塔」

関西の議論
開業当時の生駒ケーブル。線路脇では駕籠(かご)が通過待ちをしている(近鉄提供)

 日本初のケーブルカーとして大正7年に開業した奈良県生駒市の「生駒ケーブル」(近鉄生駒鋼索線)が8月29日、100周年を迎えた。もともとは生駒山(642メートル)中腹にある宝山寺へのアクセスとして開業し、関西で老舗の行楽地として知られる山上遊園地へレジャー客を運ぶほか、沿線住民の通勤・通学の足として活躍してきた。戦時中にレールが一部撤去され廃線の危機に見舞われるなど、紆余(うよ)曲折を経て100歳となったケーブルカー。その歴史を振り返る。(藤木祥平)

海外の文献参考に設計

 「本日午後三時十二分ヨリ開始仕候-」

 大正7年8月29日。生駒鋼索(こうさく)鉄道(近鉄の前身の大阪電気軌道と同11年に合併)の鍵田忠次郎専務がしたためた「運輸営業開始御届」には、こんな文面が残されている。ケーブルカーが開業したのは、富山で米騒動が勃発した翌月のことだった。

 「生駒の聖天さん」として信仰を集める真言律宗の大本山、宝山寺。ケーブルカーの建設計画が持ち上がったのは、険しい登山道を往来する参拝者のためだ。ただ山の中腹と山麓を線路で結び、急斜面に車両を走らせる試みは日本では前例がなかった。

 「その頃にはまだ我国の何処にも登山鉄道はなく、(中略)海外における文献を集めて勉強を始め、身の程も知らず実施設計に手を染めたので、今も当時を顧みて冷汗の思いがする」

 設計者の一人で、大阪電気軌道の取締役を務めた大戸武之氏は「鍵田忠次郎翁伝」(昭和31年発刊)にこうつづっている。

 近鉄などによると、東洋では唯一、香港にケーブルカーが存在したが、海外視察が難しかった時代。実物を見ることはほとんどできなかったとされる。

 大正3年7月に生駒鋼索鉄道が設立されてから4年の歳月を経て、山麓の鳥居前-宝山寺間約1キロを結ぶケーブルカーが運行を開始した。開業初年度の乗降客数は144万人。2年後には300万人を突破したとする資料も残っている。ちなみに、開業当時の運賃は片道12銭、往復19銭だった。

 その後、昭和4年には宝山寺-山上間(約1キロ)の線ができ、生駒山上遊園地が開業。現在の運賃は鳥居前-宝山寺間290円、鳥居前-山上間360円で、開業当初の運賃も現在と同じぐらいの価値だった。

海軍の防空監視所に

 ワイヤでつるされた飛行機型のゴンドラ4機がふわりと浮き、空を旋回する。開業当初から稼働している生駒山上遊園地のシンボル「飛行塔」だ。かつて存続の危機にさらされた生駒ケーブルを救ったのが、この大型遊具だった。

 戦時中、政府は武器生産に必要な資源を補うため、金属類回収令を公布。寺院の釣り鐘のほか、一般家庭の鍋・釜までもが供出された。さらに鉄道会社の線路や車両の一部も「不要不急」とみなされ、その対象となった。生駒ケーブルも例に漏れず、19年には鳥居前と宝山寺を結ぶ2本の線(宝山寺1号、2号線)のうち2号線のレールが撤去され、一部の車両は解体処分に。終戦まで営業休止を余儀なくされた。

 全国にはそのまま廃線となったケーブルカーもあるが、生駒ケーブルはどうにか生きながらえる。飛行塔が海軍の防空監視所となり、レールの完全撤去を免れたのである。「塔の上層にある展望台から監視していたと聞いています」。生駒山上遊園地の広報担当、木村洋三さん(45)が説明してくれた。

 山上遊園地からは大阪平野や奈良盆地はもちろん、大阪湾と紀伊水道をつなぐ紀淡海峡まで一望できる。米軍機の襲来を監視する上で、生駒山上は絶好のロケーションだった。

 軍はゴンドラとそれをつるすワイヤ、内部にあったエレベーターを外し、はしごで展望台に上って上空を監視した。宝山寺1号線は山上への行き来のため残されたが、「レールがもし2つとも撤去されていたら、車の普及に押され、(生駒ケーブルは)復活していなかったかもしれない」。車両の設計など約30年にわたって生駒ケーブルに携わる近鉄信貴生駒鋼索線区の黒川高行区長(52)はそう話す。

 当時の運行日誌には、こんな記述が残っている。「運輸営業休止実施」(昭和19年2月)▽「宝山寺-生駒山上間 便乗停止 海軍専用トナル」(同5月)▽「第2号線ヨリ撤去作業」(同6月)-。空襲警報の発令と解除を示す「警発」「警解」の文字も並び、戦争の生々しさを伝えている。

 終戦を迎えた20年8月、生駒ケーブルは1年半の休止期間を経て営業を再開。28年には宝山寺2号線も復活し、次第に活気を取り戻していく。「飛行塔がなかったら、生駒ケーブルはなくなっていたかも」と黒川さんが言えば、木村さんも「ケーブルカーと遊園地。お互いがあってこそ今がある」と実感を込める。

通勤・通学の足として

 宝山寺駅のホームに設けられた「運転台」。手元にはいくつもの計器類が並び、正面の窓からは今まさに発車しようとするケーブルカーが見える。7畳ほどの広さしかない作業部屋が、生駒ケーブルの心臓部だ。

 かつては手動で運転していたが、昭和60年に完全自動化されて以降は様変わり。宝山寺と山上の両駅にある運転台で、3つのボタンとブレーキレバーを操作するだけだ。

 56年からケーブルカーの運行に携わっている近鉄信貴生駒鋼索線区の小西幸治係員(61)は「手動運転だった当時、走っているときは一瞬も気が抜けなかった。最初は運転が恐ろしくて夢にまで見た」と振り返る。

 生駒ケーブルは1本の鋼鉄製ロープで車両2台をつなげ、運転台の真下にある巻き上げ機で急斜面を走らせる仕組み。手動運転では上りと下りの乗客数に応じ、停車時にブレーキをかけるタイミングを見極める必要があり、熟練の技術を要したという。

 運転の自動化は、運転士の負担軽減と一層の安全性をもたらした。導入から33年になるが、車両トラブルなどによる事故は一度も発生していない。「先人たちの築き上げた歴史を受け継いで、これからも安心安全な運行を続けたい」と同鋼索線区の黒川さんは言う。

 現在運行中の車両は計6両。このうち平成12年に導入された4台は、愛らしいデザインが目を引く。鳥居前-宝山寺間を走る「ミケ」と「ブル」はそれぞれ三毛猫とブルドックがモチーフ。宝山寺-山上間を運行する「ドレミ」と「スイート」はパステルカラーを基調とした外観だ。

 28年度の乗降客数は約39万人。統計を取り始めた昭和50年度の約152万人から年々減少しているが、明るい兆しもある。訪日外国人客の増加だ。生駒山が観光スポットとして口コミやネットで広がっているようで、「(外国人に)聞いてみると、みんな『景色が見たい』と言う。珍しそうに車両の写真もよく撮ってくれている」と黒川さん。

 生駒市の小紫雅史市長(44)も「ケーブルカーは市になくてはならない存在。今後も市の顔として、宝として発展してほしい」と話している。

  ◇

生駒ケーブルの歴史

 大正7年8月 鳥居前-宝山寺間の運輸営業開始(宝山寺1号線)

昭和元年12月 鳥居前-宝山寺間複線化(宝山寺2号線)

   4年3月 宝山寺-生駒山上間の運輸営業開始(山上線)

        生駒山上遊園地が開業

  19年2月 生駒山上に海軍基地設置により

        全線運輸営業休止(軍用運転は継続)

     6月 宝山寺2号線撤去作業開始(7月撤去)

  20年8月 宝山寺1号線・山上線営業再開

  28年4月 宝山寺2号線再建

  54年7月 生駒駅周辺の再開発に伴い、鳥居前駅を移設

  60年3月 鳥居前-宝山寺間の運転自動化

     6月 宝山寺-生駒山上間の運転自動化

平成12年3月 新車両「ブル」「ミケ」を宝山寺1号線に、

        「ドレミ」「スイート」を山上線に導入

  30年8月 開業100周年