倉敷・真備に生活の足戻ってきた! 井原鉄道2カ月ぶり全線再開、岡山の不通区間解消

西日本豪雨
小田川の決壊地点の脇を通る井原鉄道の列車。復興ヘッドマークが装着された=3日午前、岡山県倉敷市真備町(永田直也撮影)

 西日本豪雨で信号などの設備が浸水し、岡山県倉敷市真備町地区などを走る区間が運休していた井原鉄道(同県井原市)が3日、約2カ月ぶりに全線で運転を再開した。JR西日本の一部区間も先月末に復旧しており、同県内の鉄道で、豪雨の影響で不通になっていた区間が全て解消した。

 この日運転再開したのは、井原鉄道井原線の総社(総社市)-三谷(矢掛町)間。車両には「がんばろう岡山」などと書かれた復興ヘッドマークが掲げられた。

 2日まではバスで代行輸送していた。通学に利用する倉敷市の高校生岸本美紅さん(17)は「バスは人が多くて座れないこともあった。電車が再開して助かる」と話し、真備町地区の川辺宿駅から車両に乗り込んだ。

 総社-神辺(広島県福山市)間を運行する同線は、7月6日から9日まで全区間で運休。同月10日に三谷-神辺間で運転を再開した。

朝焼けの中走る、井原鉄道全線運行再開の一番列車 =3日午前5時45分、岡山県倉敷市真備町(永田直也撮影)
3日から運行再開した井原鉄道。線路沿いに積み上げられていた災害ゴミは撤去されていた=3日午前、岡山県倉敷市真備町(永田直也撮影)
3日から運行再開した井原鉄道。線路沿いに積み上げられていた災害ゴミは撤去されていた=3日午前、岡山県倉敷市真備町(永田直也撮影)
吉備真備駅に停車する復興ヘッドマークを装着した井原鉄道の列車=3日午前、岡山県倉敷市真備町(永田直也撮影)
川辺宿駅に停車する井原線全線運行再開の一番列車=3日午前、岡山県倉敷市真備町(永田直也撮影)
吉備真備駅に停車する復興ヘッドマークを装着した井原鉄道の列車=3日午前、岡山県倉敷市真備町(永田直也撮影)