【ラグビー】神戸製鋼が白星発進、トップリーグ開幕 - 産経ニュース

【ラグビー】神戸製鋼が白星発進、トップリーグ開幕

【神戸製鋼対NTTコム】前半、13点目のゴールを決める神戸製鋼のSO・ヘイデン・パーカー=31日、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場(榎本雅弘撮影)
 ラグビーのトップリーグは31日、大阪市のキンチョウスタジアムなどで開幕し、昨季2位のパナソニックが日本代表WTB山田のトライなどでクボタを15-11で下して白星発進した。同5位の神戸製鋼はNTTコミュニケーションズに34-27で勝った。
 キヤノンはSO田村が後半にDGを決めて東芝に26-20で逆転勝ち。初昇格した日野はサニックスに33-3で勝った。
 今季は16チームがレッド・カンファレンス(紅組)とホワイト・カンファレンス(白組)に分かれて、1回戦総当たりのリーグ戦を実施。各組上位4チームが決勝トーナメントに進む。
 3連覇を狙うサントリーは、9月1日にトヨタ自動車と顔を合わせる。