渡船から転落、自力で無人島に泳ぎ着き2夜…会社員救助、海保に転落の連絡なし 福岡

 

 29日午前6時半ごろ、福岡市東区の志賀島に近い無人島「端島」で男性が手を振っているのを漁船が発見、連絡を受けた福岡海上保安部が約1時間後、会社員副島久昭さん(53)を救助した。27日夜に博多港と志賀島を結ぶ市営渡船から誤って転落、自力で泳ぎ着いて救助を待ち、2夜を過ごしていた。けがはない。

 市などから海保へ転落の通報はなかった。

 福岡海保によると、副島さんは東区在住で、27日午後8時に博多港から1人で乗船。約20分後、夜景を撮影しようとしていて船尾近くから転落した。福岡市によると、乗客数は券売機の記録と下船時の乗船券点検で確認することになっている。今回の転落には気付いておらず「原因を調べる」としている。

 志賀島は博多湾の北部に位置し、博多港から直線距離で約10キロ。渡船では約30分で到着する。端島は近くの海岸から約800メートルの海上に位置する小島で灯台が設置されている。

 海保は管理体制に問題がなかったか調べる。