【西日本豪雨】被災地へ観光客誘致…JR西、中国5県と連携 - 産経ニュース

【西日本豪雨】被災地へ観光客誘致…JR西、中国5県と連携

 JR西日本の来島達夫社長は23日、大阪市内で記者会見し、西日本豪雨の被災地と連携して、「がんばろう!西日本」と題した観光キャンペーンを実施すると発表した。中国地方5県の7月の観光客は前年比で2~3割減少しており、観光需要の回復を目指す。
 キャンペーン期間は8~12月で、JR西は中国地方の旅行客向けに割引切符や旅行プランを発売するほか、各地で観光PRイベントを行う。また、被害の甚大な愛媛県とも同様の企画を検討する。
 豪雨の風評被害などで観光地の客足が途絶え、広島県廿日市市の宮島は29%減、山口県岩国市の錦帯橋でも40%減少。インターネット中継で記者会見に出席した岡山県の伊原木隆太知事は「大変厳しい状況。観光で被災地は元気になるので、ぜひ来てほしい」と訴えた。