豪雨被災地でタイヤ窃盗未遂の男2人を再逮捕 ドラレコで犯行浮上 - 産経ニュース

豪雨被災地でタイヤ窃盗未遂の男2人を再逮捕 ドラレコで犯行浮上

 車のタイヤを盗んだとして、和歌山県警和歌山東署などは22日、窃盗容疑で、奈良県平群町の自動車板金業の男(26)と同県川西町の無職の男(64)を逮捕した。「転売のために2人で協力して盗んだ」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、共謀して、今年4月19日午前3時~3時10分ごろ、和歌山市内の月極駐車場に止めてあった普通乗用車のアルミホイール付きタイヤ4本(計50万円相当)を盗んだとしている。
 同署によると、窃盗被害に遭った乗用車内のドライブレコーダーの映像などから犯行が浮上したという。
 両容疑者は西日本豪雨の被災地である岡山県倉敷市内の駐車場で、乗用車のタイヤを盗もうとしたとして、7月に岡山県警に窃盗未遂容疑で逮捕、起訴されていた。
 同署は、余罪の可能性もあるとみて捜査している。