被災世帯に義援金26万円 倉敷市、2次配分へ

西日本豪雨

 西日本豪雨で甚大な被害が出た岡山県倉敷市は14日、災害義援金の第2次配分として、被災世帯に一律で現金26万円を支払うと発表した。22日をめどに口座へ振り込む。

 対象は半壊以上と認定された世帯。今回から重傷者には12万円が支給される。申請には診断書か医療機関の領収書の写しが必要。亡くなった方がいる世帯には別途26万円を支給する。

 1次配分の申請が済んでいない人は、1次の手続きが終わり次第、2次配分と合わせて振り込む。