【銀幕裏の声】世界の細田アニメ 最新作「未来のミライ」、本当は“実話” - 産経ニュース

【銀幕裏の声】世界の細田アニメ 最新作「未来のミライ」、本当は“実話”

映画「未来のミライ」のワンシーン (C)2018 スタジオ地図
映画「未来のミライ」の製作秘話を語る細田守監督=大阪市内
映画「未来のミライ」のワンシーン (C)2018 スタジオ地図
映画「未来のミライ」のワンシーン (C)2018 スタジオ地図
 「時をかける少女」や「サマーウォーズ」などのアニメ映画が国内外の映画祭で称賛された細田守監督の待望の最新作「未来のミライ」が全国で公開中だ。未来から現れた妹と、過去や未来をタイムトラベルする4歳の男の子の成長物語。兄妹の冒険が織りなすSFファンタジーの根底に流れるテーマは、細田監督がこれまで一貫して描いてきた“家族の絆”だ。4歳児の視点から、家族の在り方、その未来像を見据えた渾身(こんしん)作で、カンヌ国際映画祭で世界初上映されるなど注目度も高く約100カ国・地域での上映が決定している。世界で支持される細田アニメの魅力とは? 製作の舞台裏を細田監督に聞いた。
 (戸津井康之)
■家族のシーンをアニメで再現
 新作の主人公は、4歳児のくんちゃん(声・上白石萌歌(もか))。父(同・星野源)と母(同・麻生久美子)の愛を一身に受けながら暮らしていたが、妹の未来が誕生し、くんちゃんの日常は一変する。両親は妹の世話に追われ、自分にかまってくれなくなる。妹に愛を奪われたと思い、傷付くくんちゃんの前にある日、少女が現れる。ミライ(同・黒木華)という名の不思議な少女の正体は、未来から現代へやって来た妹だった…。
 実はこのオリジナルストーリーは、細田監督の長男の夢から生まれたという。
 「現在5歳の長男と2歳の長女がいるのですが、ある朝、長男が『夢の中で大きくなった妹と会ったよ』と話してくれたんです」
 そのとき、細田監督は長男に「パパも大きくなった妹が見たいなあ」と言うと、妻は「私はゆっくりと成長してくれたらいい」と答えたという。
 このシーンは、星野と麻生が声を担当する夫婦の姿で、そのまま劇中で再現されている。
 冒険の中で若い頃の両親や祖父母たちに出会いながら、くんちゃんはたくましく成長していく。戦争の苦労を乗り越え生きる祖父母から勇気をもらう場面は感動的だ。
 「実は国内外で幼児の視点から描かれたアニメはほとんどない。幼児が大人に教えてくれることは多いのに」と細田監督は言う。
■実体験に基づきテーマ選ぶ
 これまで細田監督は新作を製作する際、自らの体験に基づき、テーマを選んできた。
 新婚時代に製作した「サマーウォーズ」(平成21年)の舞台は長野県上田市。細田監督の妻の故郷だ。
 「何度も妻の実家を訪れているうちに、上田市の風景や歴史に惹(ひ)かれたんです」と取材で細田監督は明かした。
 この物語は、東京から来た男子高校生が、上田市で暮らす大家族と力を合わせ、ネット空間と現実世界で戦うSF。「私は一人っ子の家庭で育ったが、妻は大家族。日本で失われつつある大家族の絆をテーマにした」と話していた。
 次作の「おおかみこどもの雨と雪」(24年)を製作したきっかけは、細田監督の母の死だった。
 母の手一つで子供を守り育てる物語の中に、「母への感謝、恩返しの思いを込めた」と細田監督は語った。
■普遍の愛とは
 最新作「未来のミライ」が描くテーマにも細田監督の家族への思いが密接に絡んでいる。
 妹の夢を見たという長男は、妹が生まれた当初、戸惑ってばかりいたという。
 「彼の反応を見て、これは面白いな、と思いました」と細田監督は語る。
 両親の愛を独り占めしていたのに、突然現れた妹にその愛を奪われ、悲しみの底へ突き落とされた兄…。
 「息子の姿に、愛を得たり失ったりしながら生きる人間の普遍的な人生を描けるのではないか」と考えたのだ。
 家族とは長い歴史の中で築かれ、そこで連綿と育まれた愛が次の世代へと受け継がれていく…。
 「誰もが子供の時代を経験して大人になっていく。もう一度、自分が4歳児になった気持ちで見てほしい。きっと家族の大切さに気付くはずですから」と細田守監督は期待を込める。
 個人的な体験を創作の源泉としながら、世界の人々を魅了し続ける“細田アニメ”。家族の愛を訴え続ける普遍的なメッセージは健在だ。