【大阪北部地震】濁り水受け箕面市が水道料金「浴槽8杯分」2立方メートル無料に  - 産経ニュース

【大阪北部地震】濁り水受け箕面市が水道料金「浴槽8杯分」2立方メートル無料に 

 大阪北部地震で、箕面市は、発生直後に濁った水道水が出たことから、上下水道料金2立方メートル分を無料にすることを決めた。2カ月に1回請求している料金の8~9月の検針分が対象で、家庭の浴槽でほぼ8杯分にあたる2立方メートル分を割り引いた金額を算出するとしている。
 市上下水道局によると、地震が発生した6月18日と19日、市内の広い範囲で、大きな揺れで水道管のさびが入ったり、水道管内に気泡が生じたりして、濁った水道水が出たという。
 無料となる2立方メートルの金額は使用量によって異なるが、一般的な2カ月の使用量の30立方メートルでは、税込み6462円から571円が差し引かれて5891円に、45立方メートルでは税込み1万954円から657円差し引かれて1万297円になる。
 2カ月検針で基本料金となる16立方メートル以下は対象外。6月20日以降に開栓した世帯なども割り引きされない。