名古屋鉄道犬山線、線路上に石

 

 30日午後4時15分ごろ、愛知県一宮市千秋町加納馬場柳林の名古屋鉄道犬山線で、内海発新鵜沼行き急行電車の運転士が異常音に気付き、停車した。乗客らに被害がなかったため運行を再開したが、後続の電車の運転士が線路上で石のようなものが粉砕されているのを見つけた。

 現場は踏切の近く。一宮署は往来妨害容疑で調べている。