大阪北部地震の死者5人に 箕面市で新たな関連死 - 産経ニュース

大阪北部地震の死者5人に 箕面市で新たな関連死

 大阪府箕面市は27日、6月18日に発生した府北部地震で、市内の90代の女性が当日に亡くなったのは地震で持病が悪化したことが原因の関連死だったと明らかにした。北部地震での死者は5人になった。
 同市によると、女性は在宅医療を受けており、地震発生直後から体調が悪化し亡くなった。主治医が家で死亡確認をし、診断書の提出を受けた市が地震との関連を調べていた。関連死の認定は今月26日付。