暑さもなんの! 大阪・天神祭 5000発花火と船渡御に歓声

動画
天神祭の花火と船渡御=25日、大阪市(宮沢宗士郎撮影)

 大阪の夏の風物詩、大阪天満宮の「天神祭」が25日夜、クライマックスの本宮を迎えた。約100艘(そう)の船が大川を巡航する「船渡御(ふなとぎょ)」が行われ、奉納花火約5千発が打ち上がると、浴衣姿の見物客らが歓声を上げた。

 この日、約3千人の氏子らによる「陸渡御」の行列が午後3時半ごろ、大阪天満宮(大阪市北区)を出発、乗船場まで約3キロを練り歩いた。船渡御は午後6時ごろから、祭神の菅原道真をまつった御鳳輦(ごほうれん)船などが巡航。色鮮やかな花火が打ち上げられ、大勢の見物客らが楽しんだ。

 大阪府枚方市の会社員、上之原美緒さん(32)は「迫力満点の花火に感動した。夏気分を満喫できた」と笑顔をみせた。

https://www.youtube.com/watch?v=zNX3aiyk_nc