竹林の隠者・富士正晴(5)華麗なる一族「幾度目かの最期」の衝撃 そこで「贋・久坂葉子伝」

石野伸子の読み直し浪花女
「16、7の娘に見えたり、30歳位の落ち着いた女性に見えたりした」と富士正晴が評した生前の久坂葉子(久坂葉子研究会提供)

 久坂葉子は華やかな経歴をもつ女性だった。

 川崎造船所創立者・川崎正蔵につながる神戸の名門一族の出身。相愛女子専門学校のピアノ科を中退した後、友人の紹介で神戸で教師をしていた島尾敏雄を知り、その紹介で昭和24(1949)年「VIKING」( http://viking1947.com/ )に入会し、富士正晴に師事した。

 まだ18歳という若さ。ところが翌年書いた「ドミノのお告げ」が芥川賞候補になり大きな注目を浴びる。才能にあふれ、昭和27年の大みそかに自死するまで、わずか3年ほどの活動だったが、数多くの詩、小説を残し、脚本を書き演劇にも興味を示した。

 21歳で命を断った「幻の作家」。久坂葉子は熱心な愛読者によって長く語り継がれることになった。死後、富士正晴の手で作品集や詩集、書簡集などが編まれたほか、平成15(2003)年には全3巻の全集(鼎書房刊)も出された。また昭和53年には「久坂葉子研究会」が発足し、4冊の研究誌も出版されている。

 当然、死の直後の注目度は高かった。

 富士は、いち早く動き、「VIKING」「VILLON」合併号による追悼号を編集すると同時に、単行本出版を模索した。まず久坂葉子の父・川崎芳熊の出資により、人文書院からの遺稿集出版が決まった。

 ところが、富士と遺族と世間との思いは微妙にズレていく。死後3カ月後には早くも合併号が完成するが、これを見た遺族は困惑する。追悼号には久坂葉子が死の直前に書いた「幾度目かの最期」が掲載されており、遺族はその中身を初めて読んで驚いたのだ。

 遺稿は原稿用紙百枚あまりのもので、死の3日前から書き始められている。

 知り合いの夫人にあてた告白文のような形で、「これは私の最後の仕事。これは小説ではない。ぜんぶ本当。真実私の心の告白」と綴(つづ)られる。内容は3人の男たちへの愛情、あるいはその男たちの間で揺れる自分を「罪深い女」と悩み、苦しむ心情が克明に記されている。

 自分が自殺するのは「厭世(えんせい)ではなく愛情の破局」だが、自分の重荷の中には三代にわたる家族の歴史がある。「有名な曾祖父、祖父、父、貴族出身の母」をもち、その生き方に厳しい目をそそいでいる。

 そして、この原稿は最後に愛情を寄せた男に読んでもらい、あとは彼の意志にまかせるが、結局「富士氏の所へもって行ってもらうなりして」発表すべく書いたものだと記している。

 書き終わりは31日午前2時。まさに死の当日の早朝に完成し、久坂はそれを文中にある通り、京都にいる恋人に手渡して神戸に戻り、自死を決行するのだ。

 死の連絡を受けた恋人はそれをもって通夜の席にかけつける。が、原稿にも登場する別の男(婚約者)の依頼で、母親の手に渡り、その夜のうちに富士に手渡された。混乱のうちの出来事で、遺族は原稿を読むいとまもなかったのだ。

 遺稿の中には、父親をはじめ家族にかんする手厳しい記述がある。合併号で初めて読んだ遺族は、これがそのまま発表されることに強い抵抗感を示す。

 そんな最中、合併号をみた文芸誌「新潮」から、「幾度目かの最期」の転載の話が寄せられる。華やかな経歴を持つ久坂の自殺は中央でも話題となっていたのだ。すったもんだの末、原稿は「新潮」5月号に掲載となる。しかし、久坂葉子の初めての著作となる遺稿集「久坂葉子作品集 女」(人文書院)の掲載は父親の反対で見送られることになった。

 さまざまな人が久坂に関心を寄せた。作品集を読んだ白洲正子が久坂のことを書きたいとの意向を示し、未発表の生原稿などが届けられたが、しばらくして「感心しません」と資料は返却されてきた。

 ほかにもいくつか出版計画が寄せられ、映画化の話なども出た。しかし、いずれもまとまらない。かつての「VIKING」の同人、島尾敏雄と前田純敬は相次いで短編を発表した。

 それらのさまざまな話に富士はかかわるが、事は富士の思い通りに運ばない。島尾らの作品は興味本位にしか思えず、久坂が命をかけて書いた遺稿は遺族からブレーキがかかったまま。「女」(人文書院)の次に出た遺作集「私はこんな女である」(和光社)には、家族に関する記述約10枚分が削除されて収録された。

 同人が死を賭して書いた作品。できるだけ意に沿う形で世に出してやれないか。富士正晴の「贋・久坂葉子伝」は、そんな思いで書かれることになる。   =(6)に続く

▼同人誌 VIKING 公式ホームページ(外部サイト:http://viking1947.com/ )

石野伸子

産経新聞特別記者兼編集委員。生活面記者として長らく大阪の衣食住を取材。生活実感にもとづき自分の足と感性で発見したホンネコラムをつづるのを信条としている。

▼そのほかの「ベテラン記者コラム」を読む