池田市、ブロック塀撤去に補助制度 生け垣新設も対象

大阪北部地震

 大阪北部地震の発生を受け、大阪府池田市はブロック塀などの撤去費用と、撤去後に新たに設置する生け垣や軽量フェンスなどの費用を補助する制度を設ける。17日から受け付けを開始する。

 市道や府道、国道などに面していることが条件で、高さ80センチ以上が対象。補助額は2分の1で、上限は撤去が15万円、撤去後の生け垣設置が25万円、軽量フェンスなどの設置が20万円。補助対象に生け垣設置を加えたのは、市の地場産業である植木産業の振興を図るねらいもある。

 市は撤去50件、生け垣や軽量フェンスなどの新設40件を見込んでいる。

 大阪北部地震が発生した6月18日以降で、すでに工事に着手しているケースも対象になる。年収が1200万円以下などの人が対象。問い合わせは市審査指導課((電)072・754・6262)。