四半世紀も監禁された息子 親の責任感と孤立の末

衝撃事件の核心
内部におりが設置されていたプレハブ倉庫=兵庫県三田市

 兵庫県三田(さんだ)市の住宅で、精神疾患を抱える長男(42)が20年以上にわたり一畳ほどのおりの中に閉じ込められていた。長男の腰はくの字に曲がり目はほぼ失明の状態。同居する父親(73)から相談を受けた三田市が長男を福祉施設に入所させ、兵庫県警は監禁容疑で父親を逮捕した。一家はどのような悩みを抱え、地域や行政とどう関わっていたのか。孤立した家庭への支援のあり方も問われている。

広さ1畳、食事は2日に1回

 「息子が暴れる。(約25年前の)16歳のころから閉じ込めていた」

 今年1月18日、父親から福祉関係者への相談をきっかけに長男と面会した三田市職員に、父親は長男を閉じ込めていた理由を明かした。おりは一軒家の庭のプレハブ倉庫の内部に設けられた。高さ約1メートルで広さは一畳ほど。市職員を前に、長男はおりの中で「体育座り」をしたまま、下半身をさらけ出していた。

 父親は市職員に「精神疾患で暴れて近所から何度も苦情があり、迷惑になると考えた」と経緯を説明。おりの中にはファンヒーターや扇風機が置かれていたが、排便は床のマットの上に垂れ流し状態だった。

 父親の仕事はタクシー運転手で、日々の業務は深夜まで続いた。長男は主に父親が留守の間はおりの中で過ごし、父親が帰宅後の午後10時ごろから約12時間は外に出ることを許された。父親は「2日に1回のペースでご飯を食べさせ、風呂にも入れていた」と供述する。

 それでも、劣悪な環境によって長男の腰はくの字に曲がり、目はほとんど見えなくなっていた。障害者手帳を持っていたが、最近は病院で治療を受けたり、福祉サービスを頼った形跡はなかった。

転居前の大阪でも「座敷牢」

 長男は父親と母親、きょうだいとの5人暮らしだったが、母親は市職員との面会当時、すでに末期がんだった。面会4日後の1月22日には、虐待を受けた疑いがあるとして、市が父親の了承のもと、長男を県の福祉施設に入所させた。母親は1月末に亡くなった。父親は4月7日に長男を監禁した疑いで県警に逮捕された。

 6月19日には神戸地裁で初公判が開かれ、父親は長男が福祉施設に保護されるまでの生活実態を赤裸々に語った。

 弁護士「長男の障害に気づいたのはいつごろか」

 父親「2歳くらいの時」

 弁護士「長男とどのようなコミュニケーションをとっていたのか」

 父親「言葉が話せないのでコミュニケーションは一度もない。(長男に)喜怒哀楽はあるが、普通の人と違い、何か理由があって笑ったり泣いたりはしない」

 一家は平成3年に大阪市内から三田市に転居。長男の閉じ込めは大阪時代に始まっていた。

 弁護士「(大阪で)どのような生活をさせていたのか」

 父親「当初は一人部屋で生活させていた。暴れて妻の腕を噛んだりひっかいたりしたため、大工に頼んで『座敷牢』のようなものを作り、自分が留守の間はその中に入れていた」

20年以上前に市職員も「おり見たはず」 

 今回の事件は、今年1月に市職員がおりの中の長男と面会したのを機に発覚したとされる。ところが法廷での父親の証言によると、父親は三田に転居した約2年後に長男の障害について市に相談しており、当時自宅を訪問した市職員も、おりの中の長男の様子を確認していたはずだという。

 弁護士「三田ではなぜプレハブを建てたのか」

 父親「部屋で跳ねるし、あまりにもうるさかった。近所から苦情も相次いだ。プレハブの中のおりに入れれば、少しは収まるかと思った。材料を買って私が作った」

 弁護士「(長男を)病院に連れて行ったことは」

 父親「転居後2~3回行っただけ。妻もパートで働いており、車で病院へ行くことが負担だった」

 弁護士「(1月以前に)市職員が自宅を訪問したことは」

 父親「(転居から約2年後の)平成5年ごろに職員2人が長男との面会で自宅を訪れた」

 弁護士「市は記録上、おりの中の長男は確認していないと言っているが」

 父親「自分の記憶ではおりの中の長男を見ている」

 弁護士「その後の職員らの対応は」

 父親「文書などが送付されてくると思っていたが、何もなかった」

一家の異変…周囲も認識

 父親は1月に市職員と面会した際、長男の世話に加え、末期がんで闘病中の妻の介護で憔(しょう)悴(すい)しきっていた。そうした状態になるまで、福祉施設への入所を行政に相談しなかった理由について、父親はこう続ける。

 弁護士「福祉施設の世話になろうとは考えなかったのか」

 父親「希望しても順番待ちで入れないと思った」

 弁護士「行政機関に相談しなかったのはなぜ」

 父親「親が元気な間は面倒を見たいと思った。ところが妻の命が長くないと知り、(死去直前に)相談した」

 弁護士「父親としての責任はどう考えているのか」

 父親「もっと早く行政に相談して施設に入れる努力をすべきだった。反省している」

 後悔の念を口にする父親だが、一家の異変には周囲も気づいていた。

 近所に住む無職の60代女性は取材に対し、「障害のある人が住んでいるという噂は聞いたことがある」。一家の向かいに住む80代女性は「たまに『わー』という叫び声が聞こえた」と話し、「周囲が無関心だったために(父親は)誰にも相談できなかったのかもしれない」と気遣った。

 市によると、平成5年ごろの自宅訪問とは別に、5年ほど前にも親族が社会福祉協議会に長男について相談した。ところが、生命の危険はないとして保護は見送られていた。

 一家に対する市の対応をめぐっては、1月の長男保護から県警への通報まで約1カ月を要するなど不手際も明らかになっている。市は一連の対応が適切だったかどうかを検証するため、社会福祉士や弁護士らで構成する第三者委員会を設置して関係者への聞き取りなどを進めている。

社会全体の課題に

 立命館大産業社会学部の山本耕平教授(福祉臨床論)は、今回の事件の背景には障害者への差別があると指摘する。

 山本教授によると、戦前の日本には家族が障害者を自宅の一室に閉じ込めて外部との関係を絶つ「座敷牢(私宅監置)」と呼ばれる文化があった。昭和25年制定の精神衛生法で禁止されたが、その後も障害者への「差別」や「隔離」は社会に根強く残った。そのため、障害者を家族に持つ家庭が積極的に外部に支援を求めることは容易ではないという。

 山本教授は「障害者への支援は家族の問題でなく、社会全体の課題として取り組むべきだ」と指摘した上で、今回の事件については「家族が誰にも相談できないまま、孤立したことで起きた悲惨な事件。『自分たちで何とかしなければ』という思いから行き過ぎてしまったのではないか」と説明する。

 公判は、父親が起訴内容を全面的に認めたため、検察側が懲役1年6月を求刑し即日結審。地裁は6月27日、弁護側の要求通り、執行猶予付きの判決を言い渡した。周囲や福祉制度は一家を救えなかったのか。一家が自ら困難から抜け出すことはできなかったのか。

 法廷で長男との今後の関わりについて問われた父親は、言葉少なにこう答えた。

 「福祉施設の世話になるとしても、それで終わりではない。私たちは親子だから。できるだけのことをして見守っていきたい」