【大阪北部地震】兵庫県内のブロック塀2218カ所で基準法抵触  - 産経ニュース

【大阪北部地震】兵庫県内のブロック塀2218カ所で基準法抵触 

 兵庫県内の学校など1106施設の2218カ所で見つかった建築基準法の規定に抵触する疑いがあるブロック塀。県は、県立学校では原則撤去する方針を示したが、作業開始時期のめどは立っていない。一方、すでに一部の市では学校などで撤去作業が進んでおり、県の対応の遅さが浮き彫りになっている。
 県のまとめでは、県立学校239カ所▽県立大学5カ所▽市町立学校764カ所▽私立学校229カ所▽保育所や障害者施設など社会福祉施設746カ所▽庁舎や県営住宅などその他の県有施設235カ所-で建築基準法に抵触する疑いが判明した。高さ3メートルを超えるものもあったが、倒壊の恐れはないため、県が管理する施設では撤去作業はまだ始まっていない。
 県は大阪北部地震発生翌日の19日に緊急点検を要請。井戸敏三知事は「(同法の)基準があるので本来は大丈夫なはず」と話していたが、点検が完了した施設の9・6%で規定の抵触が発覚した。
 県は今後対策を進める考えを示しているが、県が管理する施設での撤去や補修の開始時期は決まっていない。市町立学校には各市町に対策を取るよう指導、私立学校や社会福祉施設などでは設置者に是正するよう求めるにとどめた。費用の補助なども検討していないという。
 また、住宅などについては緊急点検の対象外で、県は調査の予定はないとしている。