【富山交番襲撃・動画】自宅にモデルガン複数 富山交番襲撃で元自衛官 死亡警官、手に被弾 - 産経ニュース

【富山交番襲撃・動画】自宅にモデルガン複数 富山交番襲撃で元自衛官 死亡警官、手に被弾

島津慧大容疑者の自宅を家宅捜索し、押収物を運び出す捜査員=27日午後2時28分、富山県立山町
島津慧大容疑者の自宅を家宅捜索し、押収物を運び出す捜査員=27日午後2時28分、富山県立山町
ブルーシートで覆われた富山中央署奥田交番。警察官が刃物で刺され、拳銃を奪われた=27日午前7時52分、富山市
 富山市の交番で警察官が刺殺後、警備員が射殺された事件で、富山県警は27日、警備員に対する殺人未遂容疑で現行犯逮捕した元自衛官の島津慧大(けいた)容疑者(21)=入院中=の同県立山町の自宅を家宅捜索し、複数のモデルガンを押収したと明らかにした。警察官が手に被弾していたことも分かった。
 県警によると、家宅捜索の容疑は、富山中央署奥田交番所長の稲泉(いないずみ)健一警部補(46)=同市=の拳銃を奪って殺害した強盗殺人と、警備員の中村信一さん(68)=同市=に対する殺人。中村さんは、交番近くの同市立奥田小の改修工事に伴い校門の警備に当たっていた。
 司法解剖の結果、稲泉警部補は左手に1発、中村さんは頭部に1発ずつ被弾し、いずれも貫通していた。稲泉警部補は腹部を中心に三十数カ所の刺し傷や切り傷があり、死因は腹部大動脈損傷による出血性ショックだった。内臓に達する深さ13センチの傷もあった。
 中村さんの死因は頭部の動脈損傷による大脳くも膜下出血。県警は当初、左肩も撃たれた痕があるとしていたが、傷は認められなかったと訂正した。
 交番裏で見つかったナイフや島津容疑者が身柄確保時に手に持っていたおのなど3本の刃物は、刃渡り約13~約7センチだった。リュックサックには全長約50センチ、刃渡り約33センチの大型の山刀や、はさみなども入っていた。
 陸上自衛隊金沢駐屯地(金沢市)によると、島津容疑者は平成27年3月~29年3月に勤務。第14普通科連隊に所属し、小銃を使う訓練などを受けていた。勤務態度に問題はなかったという。
 交番が襲撃されたのは26日午後2時ごろ。約25分後に、奥田小付近で島津容疑者が逮捕された。県警は2時22分ごろ、奥田小など近隣の学校に、刃物を持った男が逃走中で下校を見合わせるよう連絡したが、拳銃を持っていることは知らせなかった。県警は「状況を全て把握する前に通知した。その時点で拳銃を奪われたとの正確な情報はなかった」と説明している。
▼【関連ニュース】拳銃を持ち15分間、住宅街うろつき…情報は小学校に伝わっていなかった