【石野伸子の読み直し浪花女】竹林の隠者・富士正晴(3)同人誌は「思想」 司馬遼太郎、寺内大吉、久坂葉子、山崎豊子… - 産経ニュース

【石野伸子の読み直し浪花女】竹林の隠者・富士正晴(3)同人誌は「思想」 司馬遼太郎、寺内大吉、久坂葉子、山崎豊子…

「VIKING」創刊号(左)と9号。表紙は富士正晴の木版
 日本各地に同人雑誌多しといえど、創刊以来70年を数え、通算800号を超えて継続しているものは珍しい。
 関西で発足した「VIKING」( http://viking1947.com/ )も何度か分裂の危機を迎えたが、そのつど、富士正晴の強い思いで継続された。
▼同人誌 VIKING 公式ホームページ(外部サイト:http://viking1947.com/ )
 それは「思想としての同人雑誌である」と、昨年刊行された「初期VIKING復刻版」の解説で、近代文学研究者の紅野謙介・日大文理学部教授が述べている。
 どういうことか。
 富士正晴は「VIKING」について折に触れ書いている。100号突破とか創刊20年とかの節目に書いた文章をまとめた「VIKING号航海記」(昭和42=1967=年)という文章があるが、そこにはなぜ同人誌なのか、富士らしいエピソードをまじえて紹介されている。
 例えば足かけ18年、150号をこえた時期に書かれた文章。
 「同人雑誌からだれか一人はなばなしい感じで文壇に出かけてゆくと、それがしおで、同人雑誌がつぶれてしまうというようなことがよくあったし、それかと思うと、雑誌からつぎつぎに直木賞作家を出した『近代説話』というような不思議な同人雑誌もあった」
 「近代説話」は昭和30年代に大阪で出されていた雑誌で、司馬遼太郎、寺内大吉、黒岩重吾、永井路子ら6人の直木賞作家を出した。
 「けれど、文壇への階段としてのみ同人雑誌を見ることはわたしにはできない。同人雑誌読みとしてのわたしのいささかの楽しみは今の文壇で通用しないかもしれないふしぎな純度をもっている作品を読み当てることなのである」
 戦前、杉浦正一郎という国文学者がおり、彼は同人雑誌に小説を書き大いに注目された。しかし一作きりであとは書かなかった。
 「小説家になるのがテレくさかったのかも知れない。この恥かしがりを見習う必要はない。けれどこの主体性といったものはすがすがしい」と書き、こう続ける。
 「寒山の詩にある。『此珠無価数』と。価のつかぬほど、永遠にめでたいものはないのかも知れぬ」
 世間に値踏みしてもらわなくても結構。信頼する同人の間で読んでもらうことこそ大切なのだ、と。
 あるいは、200号を超えた昭和42年に書かれた文章。昭和39年には戦後生まれの代表的同人誌「近代文学」が終刊していた。その「近代文学」がまだ元気だった時代、編集を手伝っていた中田耕治が富士に問いかけたことがあるという。「近代文学」と「VIKING」はどちらが後まで続くだろうか、と。即座に「VIKINGやね」と答えたら、中田は疑わしそうな微笑を浮かべものだが、富士はその理由を「VIKINGが近代文学より無思想で、ずぼらであるからだ」と心の中で唱える。
 「無思想で無任務であることは存命の方法として、私が大体は仕掛けたものである」
 ここには流行を追わず、中央に背を向ける確固たる信念がある。実際、茨木市の竹林にある自宅からほとんど出ることのない暮らしぶりだった。
 しかし、「竹林の隠者」がただの唯我独尊では、俊英が途切れず富士のまわりに集まることはなかっただろう。
 昭和29年11月からことし3月にかけて、大阪・茨木市にある「富士正晴記念館」(茨木市)で、「VIKING800号記念-巣だっていった作家たち」展が開催された。
 この記念館は、富士が昭和62(1987)年に亡くなった後、遺族が茨木市に寄託した8万点の資料をもとに平成4(1992)年に、茨木市立中央図書館に併設する形でオープンした。折にふれ、企画展が開催されている。先の展示会では、VIKINGを巣立っていった作家の顔ぶれの豪華さ、多彩さに改めて驚かされる。
 最初の同人・島尾敏雄。その島尾の紹介で加入した庄野潤三。夭逝した女性作家・久坂葉子、同じく夭逝した女性作家・川野彰子(田辺聖子の夫・川野純夫氏の元妻)、作品発表もなく例会出席もなかった山崎豊子。このほか高橋和巳、山田稔、杉本秀太郎、津本陽、久坂部羊。
 さまざまな時代に活躍した作家たちの名前がキラ星のごとく並んでいる。
 富士正晴の磁力はどこかにあるのか。1人の女性とのかかわりから見てみたい。   =(4)に続く
石野伸子
産経新聞特別記者兼編集委員。生活面記者として長らく大阪の衣食住を取材。生活実感にもとづき自分の足と感性で発見したホンネコラムをつづるのを信条としている。
▼そのほかの「ベテラン記者コラム」を読む