鉄道の乱れ続く 特急など運休、JRで18万人影響 20日以降は通常運転の見通し

大阪北部地震
大阪北部地震で被災した家屋には、雨に備えブルーシートで覆われていた=19日午前、大阪府高槻市(本社ヘリから)

 大阪府北部地震の影響で、近畿地方では19日も鉄道に乱れが出た。JR西日本によると、特急17本を含む約300本が運休か遅延し、約18万人に影響が出た。大半は車両のやりくりのためで、20日以降は通常通り運転する見通し。

 JR西によると、運休になったのは特急「しらさぎ」(金沢-名古屋)、特急「はるか」(京都-関西国際空港)など。

 遅延では東海道線(JR京都線)が19日朝、地震による揺れを感知したため、京都-吹田で運転を一時見合わせた。点検の結果、異常がなく、運転を再開した。

 私鉄各社は19日から通常通り運転している。