【大阪北部地震】高槻で加速度800ガル超 防災科研の観測網 - 産経ニュース

【大阪北部地震】高槻で加速度800ガル超 防災科研の観測網

大阪北部で震度6弱 ファミリーマート吹田栄通り商店会店 店内の商品が床に散乱。当時、5人の客がおり、一瞬何が起こったか分からず戸惑う様子が見られたという=18日午前8時10分、大阪府吹田市(渡邊大輔撮影)
 大阪府北部で18日朝に最大震度6弱を観測した地震で、防災科学技術研究所が設置した大阪府高槻市の観測点では、揺れの勢いを示す加速度が、極めて強い揺れを示す806ガルを記録したことが分かった。
 防災科研が全国に展開する観測網「K-NET」のデータで、地震が発生した午前7時58分に記録。東西方向のほか、南北、上下の揺れを組み合わせた数値としている。
 加速度が800ガル以上で、かつ地面が動く速度が毎秒100センチ以上の場合、建物に大きな被害を及ぼすことが知られている。