1万年以上活動していない「危険な活断層」 さらに大きな地震の恐れも 専門家

大阪北部地震

 遠田晋次東北大教授(地震地質学)の話「今回の地震は大阪の上町断層帯と関係しているのではないか。1万年以上活動しておらず、危険な活断層として注目され、調査や研究が進んでいる。(平成28年の)熊本地震のように、さらに大きな地震が続いて起こることも考えるべきかもしれない。人口が多い地域なので、深刻な被害となる。火を使う時など身の回りのことに普段よりも一層注意してほしい」

▼【関連ニュース】震源断層は特定できず…「周辺で今後M6誘発も」熊本地震を前例に

https://www.youtube.com/watch?v=-2KJjn6pXjA