「完璧な母になりきれず…」娘殺害容疑の女、周囲は「育児熱心」

衝撃事件の核心

 ため込んでいたストレスが限界値を超えたとき、その矛先は愛する娘へと向かった。大阪市住吉区で4月、マンション5階の自宅ベランダから長女(2)を投げ落として殺害したとして、殺人容疑で無職で母親の女(31)が逮捕された。女は「育児に悩んでいた」と供述。不眠や食欲不振が続く時期もあり、精神的に思い詰めていた様子がうかがえる。産後うつや育児ノイローゼといった言葉が示すように、出産を境に精神のバランスを崩す女性は少なくない。「完璧な母親になりきれなかった」と語った女。悲劇は避けられなかったのか。

夫の静止を振り切り…

 「救急車!」

 「お医者さんはいませんか!」

 大型連休中の閑静な住宅街に、悲鳴が響いた。4月30日午前9時20分ごろ、同市住吉区苅田のマンション。アスファルトの地面に横たわる小さな女の子。駆け寄った父親とみられる男性は混乱状態となっていた。

 現場向かいの集合住宅に住む主婦(24)は一部始終を目撃した。

 女の子の名前を連呼し、人工呼吸を施す男性。女児は口から血を流し、男性の口元も赤く染まっていた。母親とおぼしき女が少し後になって姿を見せた。女児のそばに放心した様子でしゃがみ込んだ。「2人は対照的だった」と主婦は振り返った。

 近隣住民からの通報を受けて大阪府警住吉署員が現場へ駆け付けた。府警によると、女は夫(36)とともに救急車に乗り、救急隊の措置を受ける女児に付き添っていたという。女児は搬送先の病院で死亡が確認された。

 署員が病院で事情を聴いたところ、女が「ベランダから落とした」と認めたため、署員は現場へ任意同行を求めた上で、殺人容疑で緊急逮捕した。

習いごとにも熱心

 女は自宅マンションの5階ベランダから長女を地上12~13メートルの高さから投げ落とし、殺害した疑いが持たれている。

 夫は「気付いたときには妻が長女を抱えてベランダへ出ていた」と証言。府警は止めようとした夫を振り切り、女がベランダの柵(高さ約1・1メートル)越しに投げ落としたとみている。

 府警が遺体を司法解剖した結果、長女の死因は頭部を強く打ったことによる脳挫傷と判明。一方、投げ落された際の傷以外はなく、日常的な虐待や育児放棄の痕跡は確認できなかった。

 現場マンションでは昨年9月、子供の泣き声が聞こえるとの通報こそ寄せられていたが、児童相談所には女や長女に関する取り扱いはなかった。

求めた「完璧な母親像」

 むしろ女は育児に熱心だったといえる。長女にリトミックダンスと呼ばれる幼児向けの音楽教育を体験させたり、水泳教室にも通わせたりしていた。

 ただ、ある捜査関係者は「ママ友同士の付き合いの中で、子育てへの重圧を募らせていったのかもしれない」と言う。

 それ以前にも女は産後すぐに育児の不安からか、不眠や食欲不振に陥り、数カ月間通院していたこともあった。夫は警察の調べに対し、女について「以前から精神的に参っていた」と明かした。

 女は「子育てで余裕をなくしてしまい、事件の1週間ぐらい前から長女を育てていけるのかという悩みや不安が大きくなった。現実から逃げ出したくて殺してしまった」と供述。「完璧な母親になりきれなかった」とも話しており、育児の悩みが事件の引き金になったとみられる。

 夫が何もしてくれなかった、というわけではない。むしろ夫に対しては「家事や育児を助けてもらっていた」と感謝の言葉を述べたという。それでも精神のバランスを保つことができなかったのだ。

「~すべき」にこだわらない育児

 育児のストレスや不安とどう向き合うべきか。NPO法人「女性と子育て支援グループ・pokkapoka(ぽっかぽか)」(本部・大阪市東淀川区)の渡辺和香(やすこ)理事長は「子育てに疲れたら子供と離れる時間を持つことも必要」と勧めている。

 程度の差こそあれ、母親の多くは産後、育児の重圧や負担からストレスや不安を抱える。ときにわが子を愛せなくなり、精神的に疲れてノイローゼになる。特に最初の子供を出産した後にそうなりやすい。

 渡辺理事長は育児の心構えとして「子育てを『こうあるべき』と考えすぎない方がいい」と説く。

 例えば、この時間までに寝かせないといけない、栄養バランスの取れた食事を食べさせないといけない-といった考えは、子供が取る行動との間でギャップを生みやすい。「妥協してもいい」と割り切れれば、心に余裕を持てるという。

 ただ育児は常に「ストレスフルな」状況を強いられる。少しでも軽減するために、渡辺理事長は自分の時間を持つこと▽1人でがんばりすぎないこと▽しんどい気持ちを誰かに打ち明けること-などを挙げる。

 自分の時間を持つとは、できるだけ子供にかかりきりにならないということ。一時預かりのサービスなどを利用し、「リフレッシュすることも大切」という。

 1人で思い悩んだり、がんばりすぎたりするのは禁物。「子育ての悩みは共有できることが多い。恥ずかしいと思わず誰かに相談してもらえたら」

「救う手立てはなかったか」

 今回の事件は供述通りなら、わが子に手をかけた女は当時、精神的に不安定な状態だった。現在は鑑定留置中で、8月中旬までの期間で犯行時の精神状態を調べている。

 事件から約1カ月後、現場マンションの駐車場には長女へ手向けたとみられる花束のほか、ジュースなどが供えられていた。

 同じマンションに住む20代の女性は「こんなことになってしまう前に(母子)2人を救う手立てはなかったのか、と残念に思う」と話した。