奈良のシカ50頭が突然、市街地を爆走…衝撃映像から原因を探ると

関西の議論

 古民家が軒を連ねる奈良市の住宅街を、ひづめの音を響かせて爆走するシカの大群-。5月中旬の早朝、国の天然記念物「奈良のシカ」のうち約50頭が突如、奈良公園を離れ、群れをなして市街地を走り出した。その模様はツイッターに動画でアップされ、瞬く間に全国のユーザーに拡散、ニュースにもなり話題を集めた。地元の人もあまり目にしたことがないシカの“奇行”。原因は何だったのか。(桑島浩任)

50頭もの群れが突如…

 5月13日午前6時ごろ、近鉄奈良駅と奈良女子大を結ぶ通りで驚きの事態は起きた。同大生活環境学部2年の田中菜穂さん(19)はアルバイトに行くため駅に向かって歩いていると、交差点を曲がって近づいてくるシカの姿が見えたという。

 「最初は4、5頭だった。また草を食べにきたのかと…」。奈良公園に近い大学の構内でシカが草をはむ姿は、学生たちにとっておなじみの光景だ。ところが、いつもとは違い、曲がり角からわき出るように現れたのはなんと数十頭。これには、ただ驚くばかりだった。

 「とにかく動画を撮らなきゃ」。身の危険を回避するように道の端に逃げ、慌ててスマートフォンを取り出した。あっけにとられながら撮影した15秒間の動画をツイッターにアップしたところ、大きな反響があった。テレビを中心にメディアもこの動画を取り上げ、「奈良のシカ 暴走映像」として有名になった。

奈良女子大学の周辺に姿を見せたシカの群れ(提供写真)
奈良女子大学の周辺に姿を見せたシカの群れ(提供写真)

 「ちょっとぐらいは話題になるかなと思ったけど、まさかこんな騒ぎになるとは…」。リツイートの通知はひっきりなし。テレビ局からの取材依頼も殺到し、動画の再生回数は140万回を超えた。一躍、時の人になった田中さんは「私が戸惑っているのを見て、友達は笑ってました」と振り返った。

複数の群れが合流か

 シカの群れはどこに向かったのだろう。午前6時半ごろ、奈良女子大近くの目撃現場から南西約200メートルの市道沿いで、パトカーに乗っていた警察官2人が北に向かうシカの群れを見ている。また、別の学生は同7時ごろ、奈良女子大の正門から大学構内に入っていく10頭以上の群れを目撃している。

 それにしても、驚くべきはその数だ。田中さんが撮影した動画には、50頭近くが映っている。大学の近くで生花店を営む男性(43)は「(群れは)多いときでも7、8頭。それ以上は見たことがない」と驚く。シカとなじみの深い地元住民にとっても、予期せぬ事態だったようだ。

https://www.youtube.com/watch?v=V0fCXcUQOLo

 なぜ群れをなして駆けだしたのか。奈良公園内でシカの保護施設「鹿苑(ろくえん)」を管理運営する一般財団法人「奈良の鹿愛護会」の職員は「動画を見ると、周囲を落ち着きなく見回している。何かに驚いて走り出し、見知らぬ場所に迷い込んだのではないか」と指摘する。シカはリーダー格の一頭が常に周囲を警戒し、危険を感じると仲間を率いて走り出す習性があるという。

奈良女子大学の周辺に姿を見せたシカの群れ(提供写真)

 映像からシカの大群にはオスとメスが混在していることも分かった。発情期である9~11月ごろを除けば、子育てに参加しないオスはメスとは別に群れを作るのが一般的。職員は「人のいたずらか犬に驚き、複数の群れが一緒に逃げた可能性が高い」と推測する。

シカとは節度を持った付き合いを

 今回の一件ではけが人や事故などは報告されておらず、シカの群れも無事に奈良公園に戻ったとみられる。だが、一歩間違えればどうなったことか…。

 古来、「神の使い」としてあがめられてきた奈良のシカ。昔の人たちはどうやってシカと共存してきたのか。

 奈良の鹿愛護会の臨時研究員は「江戸時代中期ごろは、各町内に木戸が設置され、シカの行き来を制限していた」と話す。人が通行する際だけこれを開け、シカが自由に歩き回らないようにしていたらしい。こうした木戸は本来、防犯用だったが、奈良では町の事情に即した独自の用途で活用されていたようだ。

 また、新薬師寺(奈良市)の近くでは「ばったり戸」と呼ばれる高さ約2メートルの扉を設置し、シカが奈良公園外に極力出ないようにコントロールしていたという。

 もっとも、住民とのトラブルが全くなかったわけではない。「シカの角で人がケガをしたという事例や農作物の被害が、行政や愛護会の資料に記録として残されている」(同研究員)。時を経て最近は、鹿せんべいをあげるのをじらした揚げ句、シカにかまれるなどの被害に遭う外国人観光客が後を絶たない。

 愛護会の担当者は「人に慣れているとはいえ、シカはあくまで野生動物。予想外の行動を取ることもあるので、節度を持って付き合っていくことが大切」と訴える。

奈良女子大学の南門前に姿を見せたシカの群れ(提供写真)

 一方、奈良女子大の近くに昔から住んでいるという女性(72)は「このあたりにシカがいるのは当たり前のこと。観葉植物を食べられたら追い払うけどね」と、あまり気にした様子はなかった。

 今回の一件はネットがもたらしたニュースといえそうだが、シカと人が一緒に住む古都・奈良ならではの出来事は多くの人にどう映ったのだろう。

シカの大群と遭遇した路地で、衝撃的な体験を振り返る田中菜穂さん=奈良市