【動画】名古屋城・本丸御殿を一般公開 河村市長「千年は大事に。世界に自慢できる宝として残していかんと」 - 産経ニュース

【動画】名古屋城・本丸御殿を一般公開 河村市長「千年は大事に。世界に自慢できる宝として残していかんと」

一般公開が始まった名古屋城本丸御殿で、入場を待つ来場者の行列=8日午前、名古屋市
名古屋城本丸御殿の「上洛殿」=4日、名古屋市
名古屋城PRのアンバサダーに就任した俳優の舘ひろしさん。左は河村たかし名古屋市長=8日午前、名古屋市
名古屋城本丸御殿の「湯殿書院」=4日、名古屋市
一般公開が始まった名古屋城本丸御殿。来場者と握手する俳優の舘ひろしさん=8日午前、名古屋市
 第2次大戦中の空襲で焼失した名古屋城本丸御殿(名古屋市中区)の復元が完了し、一般公開が8日始まった。隣接する天守閣は木造復元に備え、当面入場できないため、新たな観光の目玉として注目を集めそうだ。
■PR大使に俳優の舘ひろしさん
 今回公開されるのは、3代将軍の徳川家光が京都に向かう際の宿泊所「上洛殿」や、将軍専用のサウナ式の蒸し風呂「湯殿書院」などで、400年前の豪華絢爛な空間が再現されている。
 オープニングセレモニーには、河村たかし市長や名古屋城をPRするアンバサダーに就任した同区出身の俳優、舘ひろしさんらが参加。市長は「法隆寺はできて1300年以上。本丸御殿は千年は大事にして、世界に自慢できる宝として残していかんと」と話した。
 本丸御殿は江戸時代初期の1615年に建てられたが戦災で焼失。復元工事は平成21(2009)年に始まり、25年と28年に部分的に公開されてきた。
 岐阜県大垣市の介護施設職員、西島幸二さん(34)は「金がふんだんに使われ和風モダンの装飾が良かった。将軍が使う風呂や台所もあり、当時の様子が実感できた」と満足げだった。
▼【関連ニュース】障害者団体クレーム名古屋城どうなる…大阪城「あり」姫路城「なし」、エレベーター設置